スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【雑記】Video Cap Macでのゲームキャプチャ

「マック キャプチャ」などで検索されてくる方がけっこういらっしゃるみたいなので、

Video Cap Mac MVCP-02MAC

を使ってのPSPのキャプチャについてまとめてみました。

以前書いた記事はこちら



あくまでMacでゲーム画面をキャプチャすることに特化した記事ですので、ご注意をヽ(゚∀゚)
環境はPPCの10.4.11です

また、わたしはPSPとの接続にSビデオケーブルを使っています



今回は紹介していませんが、もちろんコンポジット(赤白黄のやつ)かSビデオであれば、PSP以外のゲーム機のキャプチャもできます


↓畳んであります




初期導入は説明書どおりにやれば問題ないはずなので省きます。

ソフトは付属のEzCAP Captureを使います


メニューの Dizitizers でEzCAPを選択し、Record→Video Settings→Source でコンポジットかSビデオかを選びます
Record→Sound Settings→Source で ForwardVideo EzCAP を選択するのも忘れずに

Sound Settings でSpeakerを「On」にしないと、ゲームを繋げても音が聞こえないので注意してください


ケーブルをつないで、PSPを外部出力に切り替えれば、画面がEzCAP Captureのウィンドウに表示されるはずです。


ラグは気にしなければ気にならない程度です
ものすごくシビアな操作が要求されるならともかく、普通にゲームを遊ぶ分には問題ない範囲だと思います。
(パソコンのスペックの問題もあるかもしれないので、一概には言えませんが)




初期設定のままだと、PSPのゲーム画面のアスペクト比が合いません(横に縮んで見える)

10061901.jpg
クリックで拡大



メニューの Record→Custom Size で

横704 縦480

にするとPSPの画面解像度(480×272)で表示されます

詳しくないのですが、704×480はDVD-Videoの解像度の一つらしいですね
PSP側がDVD-Videoの規格で出力しているのか、単にソフトのせいなのかは分かりません


10061902.jpg


周りの黒枠はPSPの仕様です

今のところ黒枠を表示させずに、外部出力させることは出来ません





スクリーンショット
はメニューの Snapshot→Snapshot か コマンド+[ で撮影できます

Snapshot Setup で Auto-name にチェックを入れておけば、名前入力を省くことが出来ます
また、ここで保存形式も選択できます



が、ソフトのSS機能を使うより、OSXに標準装備されているスクリーンショット機能を使った方が、若干きれいに撮影できるような気がします


↓サンプル(ほぼ生画質)
クリックで拡大できます

EzCAPで撮影
10061903.png 10061905.png

OSのSS
10061904.png 10061906.png




どうでしょう?


これらのSSは、Video Settings でSaturation(彩度)とBrightness(明度)を60%くらいに設定して撮影しています。
50%だと暗く、やや色褪せて見えます。

ここらへんは好みの問題もあるので、色々いじってみるといいと思います。





ゲーム動画の撮影ももちろんできますが、録画を開始したとたん、カクカクになって、とてもゲームなんてできません

単にうちのマックのパワー不足なのかもしれませんが……(-ω-;)
(PPC G5 1.8GHz、メモリ2GBです...)


ただ、カクカクに見えても、録画自体はできています。

Video Settings で圧縮形式を選択できるのですが、Custom Size を使っていると、YUV422 codecしか使えなくなるようです。
(かなりファイルサイズが大きくなります。下のサンプル動画の元サイズは2.3GBほどありました)


録画開始は Record→Record か、コマンド+R
録画停止は録画時に表示される小さなウィンドウをクリック

SSと同じように、Record Setup でAuto-nameの設定が出来ます。



ゲームをやりながらの録画は無理でも、リプレイ動画等の撮影はできますね



↓試しにアイドルマスターSPの動画を撮影してみました




編集とエンコードは MPEG Streamclip というフリーソフトを使用しています

そのままだとコーミングノイズ(しましまのノイズ)が激しいので
MPEG Streamclipでインターレース解除を行っています







QuickTimePro を持っているなら、それ一つでキャプチャから録画、編集、エンコードまでできるらしいので、そちらをお勧めします。
EzCAPでキャプチャするよりきれいだそうです。


残念ながらわたしはProキーを持っていないので、どのくらい違うのかはわかりません(´A`;)

もともと動画をとる目的で買ったわけではないので、そのためにProを買うのもちょっと……


もし今後、Proを買うことがあれば、そちらでキャプチャして違いを見てみたいです





いくつかのサンプルを見てもらえれば分かると思いますが、性能は

とりあえずキャプチャできればいい


といった感じです


もし本格的にプレイ動画や実況動画を撮りたいなら、Mac対応のキャプチャボードを買うべきかもしれませんね~


※6/23追記
MVCP-02MACで実況動画を撮っていらっしゃる方も多いみたいです
調べてみると、大方 OSX 10.6 を使っているようですね。

Intel Macをお使いの方は色々便利なソフトも多いようなので、調べてみてください
わたしはG5なので、残念ながらレビューしたくてもできません
ごめんなさい(´∀`;)


Top