スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【プレイ日記】敷かれたレールの上で世界を救う その6

ゼルダの伝説 大地の汽笛のプレイ日記です。






海の神殿をクリアしました。


海の中を汽車が走るというのはなかなか幻想的ですね♪
海の中じゃ石炭は燃えないとか野暮なことはいいっこなしですよ!



海の神殿では新たに


10011702.jpg


ムチを手に入れました。


従来のフックショットカギつめロープのようなものです。
杭にひっかけてターザンみたいに高いところを渡れます。



例の如くムチを使ってボスのたこを倒し、再び神の塔へ。



なんだか海の神殿から急に難易度が上がってる気がする……


なんども行ったり来たりしながら、なんとか火の石版を手に入れました。
これまで割とサクサク来てたので、この先すこし不安ですが、これぐらいの難易度の方がゼルダらしいかもしれませんね。



火の石版を手に入れるとイベントが発生します。
今まですっかり忘れていた人が登場しました。

ネタバレになるので詳細は書きませんが、徐々に物語の謎が解き明かされようとしているようです。





神の塔を後にして、火の大地へ。
火山地帯のようですね。


火山と言えば、やはりゴロンの村がありました。



村の入り口を溶岩が遮っていて進めないので、ゴロン族のカギモリさんから貨車を譲り受け、冷たい物を持ってきてくれと頼まれました。




冷たい物っていったら、雪の大地になんかそれっぽいものがあるんでしょうと、ユキワロシの村へ。



案の定デラゴオリなるものを売ろうとしてる人がいました。


その人をとある泉まで連れて行くと、デラゴオリを売ってくれるようになります。



雪の大地以外ではこの氷は溶けてすくなくなっていくので、素早くゴロンの村まで届けましょう。

届けるとゴロン達が溶岩を冷やして、村の奥に入れるようになります。





溶岩が氷で固まるとは思えないのですけど……
野暮なことは言いっこなしですってば!



ゴロンの長老様
に会い、ようやく火のホコラへ行くことができます。









10011703.jpg
松岡修造火のホコラの賢者様

名字は三浦でしょうか?
某CMを彷彿とさせる名前です。



この賢者様、賢者というより体育教師です。
明らかに体育会系のノリです。


筋トレとかプロテインの知識はありそうですが、賢者とはほど遠い存在に見えますけど……




とにかくこのあつくるしい……いや情熱を持った賢者様のお力を得て、火の神殿へ続く線路が復活しました。




これでやーっと火の神殿だー……




この神殿、カギがかかってるそうです
魔物を三体倒してカギを取り返さなくちゃいけないそうな……





まだ引っぱるんですか(´・ω・`)
汽車だけに
Top